Wedding Ceremony -結婚式-

 

 

結婚式で奏でられる音楽。それは当たり前の存在でありながら、選曲や演奏のクオリティで、お式の雰囲気や格式は大きく変わります。

それぞれの挙式スタイルの魅力や、お二人の思いを汲みながら、クオリティにこだわり続ける音楽事務所だからこそできる最高の音楽演出で

感動の結婚式により一層の華やかさを添えるお手伝いをお約束いたします。

キリスト教式

 牧師の司式のもと、神に結婚を誓う厳粛な儀式です。

 教会で行うほか、日本では、ホテルやゲストハウスなどチャペルを併設している施設を結婚式場として選ぶことが多く、現在でも全体の半数以上でこの挙式スタイルが選ばれています。

 キリスト教式で行う結婚式は、儀式として神聖な雰囲気があり、純白のドレス、バージンロード、誓いのキス、指輪交換、聖歌隊による讃美歌といった、これらのイメージが最も似合う挙式スタイルです。

人前式

 自由な場所、自由な式次第で行うことができ、参列者全員が結婚の証人となるお式です。

 司式そのものもプロの司会者を立てるほか、ご友人に依頼したり、また自分たちだけの『誓いの言葉』を用いたり、オリジナルの演出を取り入れたりと、進行やスタイルは自由自在。和装・洋装のどちらも似合い、アレンジの幅が広いことや、宗教にとらわれないことが大きな特徴です。

 人と人との絆を大切に、アットホームな雰囲気のなか、自分たちらしさを表現できる挙式スタイルです。

神前式

 神々にふたりの結婚を報告する儀式で、家と家とが結びつくことを重視する、日本の古式ゆかしい伝統的な儀式です。

 お二人・または両家に所縁のある神社で行われるほか、神殿を設けているホテルや式場もあり、式をとり行う場として神具一式をその場にしつらえて神官により儀式をおこなうこともあります。神前の緊張感と、雅楽の厳かな音色のもと、三々九度、固めの盃といった、結びを表す伝統的な儀式が続き、参列者は両家親族が向き合う形がとられることも多いです。

 正統派の白無垢・紋付き袴も、艶やかな黒引きの振袖も、和装ならではの凛とした雰囲気は時代を問わず人気があり、厳かな中にも繋がりを意識した日本人らしい心のこもった挙式スタイルです。